私の趣味である木彫り

img_01
私の趣味である木彫りについてお話しさせていただきます。
最初に興味を持ったのは、みなさん一度は目にしたことが有るであろう、熊が鮭を咥えている、あの人形を見かけたときです。


まだ子供だった私は、旅行先の土産店で見つけたその熊の木彫り特有の迫力に強く惹かれ、親におねだりをして買ってもらいました。

子供ながらに大量生産のプラスチックのおもちゃにはない手作りの温かみのようなものも感じたのも覚えています。



そこから私の趣味が木彫りになるまでに要した時間はごくわずかでした。



外で手ごろな木の枝や幹を手にして帰ってきては、学校の授業で使うための彫刻刀を引っ張り出し、熊のようなものを彫り続けていました。そんな私を見て、両親も何にでも興味を持つことは良いことだと、私を近所のお爺さんが趣味でやっている木彫りの教室に通わさせてくれました。



そこで初めて熊以外にも彫って良いんだと知ってからは、周りの子供たちがゲームや勉強に時間を費やす中、日がな一日様々なものを彫り続けていました。両親を彫ったものを見せたときの、二人の嬉しそうな顔は今でも忘れられません。
そんな充実した青春でしたが、私が成人を迎えるころには教室を開いていたお爺さん先生が亡くなってしまいました。

それでもその教室が無くなってしまうのがどうしても嫌で、今は私が後を引きつがさせていただいています。


先生というほどの技量が有るわけでもありませんが、この木彫りの暖かさというものが少しでも人に伝われば良いなと思い、これからも少年時代と変わらぬ情熱で続けていきます。

お手軽に鵠沼のサーフスクール情報サイトの利用価値をご存知ですか。

湘南のレンタルボードの詳細は専用ホームページで紹介しています。

二次会の幹事代行のお役立ちコンテンツ満載です。